カテゴリー

交通事故実用サイト

交通事故の慰謝料や賠償金で納得いかない場合は弁護士に相談しましょう。相場がわかります。

貴重サイトリンク集

TOP > 交通事故 > 交通事故弁護士 > 交通事故慰謝料 > 交通事故相談 > ADRによる交通事故相談 > 一番良い交通事故相談の方法

目次

  1. 一番良い交通事故相談の方法
  2. 交通事故を起こしてしまったときの交通事故相談
  3. 市役所だけでない無料の交通事故相談
  4. 交通事故相談に関して
  5. 万が一のときに頼れる交通事故相談
  6. 交通事故弁護士と相談して決める民事裁判
  7. 軽症の際の交通事故の慰謝料
  8. 交通事故の相談前に表で確認するむちうち慰謝料

一番良い交通事故相談の方法

一番良い交通事故相談の方法としては、まず事故直後に警察に連絡を取ることです。警察は現場へ来てくれると事故の詳しい調査や、交通事故検分をしてくれます。ここでは、正直に警察に話をする必要があります。警察との相談が終わったら、次に契約している保険会社に連絡を取ることです。

保険会社によっては事故後の支払いも含めて一切を代行してくれる保険会社があるので、保険会社を選択するときによく契約内容を調べておく必要があります。事故の相手と交渉する必要があるときは、保険会社は相手とのやりとりもすべて行ってくれる保険会社があります。

交通事故を起こしてしまったときの交通事故相談

交通事故を起こしてしまったら、誰もが動揺してしまうのではないでしょうか。そのため、車やバイクを運転する方のほとんどは、任意保険に加入しているといわれています。交通事故相談は、加入している任意保険会社へ連絡することで、適切な対処方法をその場で教えてくれます。

しかし、任意保険に加入しない、事故に巻き込まれてしまい、自分の任意保険を使いたくないと考える場合もあるかと思います。そういったとき、どこに相談をすればいいのか迷ってしまいます。まずは相談したい場合、各都道府県に交通事故相談所が設置されており、解決のサポートをしてくれます。解決のためには、中立的な立場の交通事故弁護士に任せられます。

市役所だけでない無料の交通事故相談

今では市役所で無料の交通事故相談が行われている事もあります。しかし、市役所だけでなくそれ以外の機関についても無料の交通事故相談が行われている事もあります。しかし、市役所は訪れた事もあり、利用しやすく感じる様であれば無料の交通事故相談を受けるといいでしょう。

市役所以外で無料の交通事故相談を受け付けている機関と言えば、法テラスや弁護士会などが考えられます。市役所に交通事故相談をするのか、もしくはそれ以外の機関に相談するのかという事は、自由に決める事ができます。また、弁護士事務所などにおいても、無料相談を実施している事もありますし、相談会の機会を設けている事もある様です。

交通事故相談に関して

交通事故相談は主に事故による負担金の割合が納得いかないことなどがメインになってくるのではないでしょうか。示談のしかた、訴訟・調停の仕方、賠償額の算定、自賠責保険等の利用・請求のしかたなどの細かい内容も交通事故相談所にいけば、詳しく教えてくれます。

自賠責保険は加入が必須になっていますが、さらに任意保険を加入することもあり、負担金の割合も交渉をしてくれるケースがほとんどです。

任意保険に加入していなければ自分が手続きを行うことがあるので、交通事故相談所を使うことが必要になってきてしまいます。交通事故の相談料も無料のところもありますので、事前に確認されてもよいでしょう。

交通事故慰謝料の事例を調べるなら「交通事故慰謝料 事例」で検索。

万が一のときに頼れる交通事故相談

交通事故にあった時、どちらの立場になるのかによって対応も変わります。加害者になった時、被害者になった時の対応で悩んでしまう方も多いでしょう。例えば、赤信号を無視した自転車との接触の場合はどちらが加害者になるのか疑問です。

赤信号を渡ってきた相手側にも責任はありますが、自動車と自転車の場合怪我をするのは自転車側なのです。そのため相手側に怪我をさせたということで、必ずしも被害者と言い切れるわけではないのです。

そのような混乱を避けるためにも事故には割合で過失が課せられます。そこで損をしないためにも交通事故相談できる強い味方がいると、万が一事故にあった時でも安心です。

交通事故弁護士と相談して決める民事裁判

自分一人で対処するのではなく、交通事故弁護士に相談する場合であっても、民事裁判が必ず必要になるという分けではありません。交通事故弁護士に依頼しても、民事裁判はしたくないという人もいますし、もちろんそれも可能です。

また、民事裁判をした方がいいかどうかという事については、自分での判断は難しい事もありますので、交通事故弁護士に相談して決定するのもいいでしょう。

交通事故弁護士は経験も豊富な場合が多いため、民事裁判が必要かどうか適切な判断をしてくれるでしょう。交通事故弁護士と相談して民事裁判を決めるなら、法律家にアドバイスを求めるだけではなく、自分の意見を伝える事も可能です。

軽症の際の交通事故の慰謝料

重症な場合だけではなく、軽傷の場合であったとしても交通事故慰謝料を受け取る事ができます。軽症の際の交通事故の慰謝料となれば、金額が低くなる傾向にあります。

しかし、交通事故の慰謝料の金額の高低に関係なく、困っている事があったり、不安に感じる事があれば、弁護士に相談した上で解決するのが理想的です。

交通事故の慰謝料をそのままにしてしまうと、結果が大きく変化するという事は考えにくくなります。

これから先の事を考えると、交通事故の慰謝料の事で嫌な思いをするのではなく、先に解決を目指しておきましょう。金額が少ない場合でも、ためらう必要はありませんので、気軽に法律相談を受けましょう。

交通事故の相談前に表で確認するむちうち慰謝料

事故に遭って間もない間というのは、むちうち慰謝料などについて詳しい事が分からないという人も多いでしょう。交通事故の相談を受けると、教えてもらう事ができます。

しかし、むちうち慰謝料について交通事故の相談を受ける前に、簡単に確認できる場合が多い様です。むちうち慰謝料については、交通事故の相談を受け付けている弁護士が表にまとめている事もあります。

交通事故の相談を受ける前にむちうち慰謝料を把握できれば、不安が軽減される事もあります。余裕があれば交通事故の相談を受ける前にむちうち慰謝料ついて表から確認するのもいいでしょう。それがすべてではありませんが、参考にする事ができます。

交通事故相談に関する記事